TinyMCE Advanced

WordPress Plugin

さて今日もWordPressプラグインの紹介です。

WordPressと同時に必ずインストールするプラグインって20くらいあるんですが、今回の「TinyMCE Advanced」も利用頻度すごく高いです。

これは投稿画面に以下のようなMicrosoft Wordのごとく、文字装飾機能をつけてくれるプラグインです。

TinyMCE Advanced

このプラグインなしだと↑の中段「段落 Bold Itaric~」程度しか装飾できないものに、上段と下段の装飾メニューが追加されます。
ただ日本語でのページ制作でしょうからフォント変換はあまり使わないですね。それでもこのように・・・

色を付けたり

インデントを下げたり
下げたまま文字を打ち込んだり

「©∇à⊗♥」こんな風に特殊文字を打ち込んだり

顔文字を入れたり 😆 😆 😆

「E+1=0」のように文字を上付けさせたり

字消し線を入れてみたり

こんな感じに
文章の途中に
表を入れたり

こんな風に


横線で区切ったり

などなど、普通のワープロのように文字を打ち込むことができるようになります。

また、地味に便利なのが他のページなどから文字をコピってきた際、そのままペーストするとこんな風に「WordPress(ワードプレス)は、オープンソースブログソフトウェアである。PHPで開発されており、データベース管理システムとしてMySQLを利用している(後述のプラグインよりSQLiteでの使用も可能)。」(Wikipediaより抜粋)リンクがそのままリンクとしてペーストされてしまいます。

これはこれで便利な機能なのですが、普通に文字を打ち込んでいるときにははっきり言って邪魔ですよね。
そんなときは「テキストとしてペースト」ボタンを押してからペーストすれば単純に文字としてペーストしてくれます。

などなど、htmlを意識せず、なかなか高性能なワープロ機能を提供してくれるので、お客様に渡す際には、必ずこのプラグインもインストールしてお渡ししています。

別に使わなきゃ使わないでいいですしね。

ただ、便利なプラグインですが、あっちにもこっちにも文字装飾したあとで「あ、これはやめてこっちは別の装飾して」と繰り返すと、止めた部分が実は裏にソースとしてゴミが残っているなんてことがあるので、そこは注意が必要ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です